山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第374回「お土産物を渡すタイミング」

2017.10.13

Q 前回のコラムに「風呂敷のマナー」がありましたが、相手にお菓子を渡すタイミングなど、具体的な状況が把握できなかったので詳しく教えて下さい。(宇部市・Yさん)

 

 

A 紙袋からお土産物を出すタイミングからお話し致します。お相手にお土産物を渡す時には、紙袋から取り出します。風呂敷から取り出すタイミングと同じです。お土産物は、お相手とお話をする前に、簡単なご挨拶をした直後に渡します。お土産のマナーの基本は「帰り際に渡すよりは、先に渡す」と言われています。但し、お食事会にお招きした時に、帰り際に「お持たせ」として用意したお土産物は、会食後に渡すことになります。

 

お土産物の種類によって、渡す場所が異なることもあります。直ぐに冷蔵庫に入れて頂きたい場合は、玄関口で渡すこともあります。

 

また、会社などの場合では、受付などで「皆さまでどうぞ」との言葉を添えて頂いたお土産物であっても、お客様がお会いになるメインのお方に、きちんとその旨を記したメモを渡し、メインのお方からご本人にお礼が言える態勢を整えておくことも必要です。

 

お土産のマナーを知っていることで、ビジネスマナーにも活かすことができます。

 

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)