山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第373回「風呂敷のマナー」

2017.10.06

Q 最近、色々な柄のお洒落な風呂敷を見ることが増えてきました。和菓子屋さんで風呂敷付きのお菓子を見かけることもあります。風呂敷のマナーについて教えて下さい。(岩国市・Tさん)

 

 

A 風呂敷は、紙袋と同じ用途です。例えば、お菓子の箱を持参する時に、紙袋に入れて持参するよりは、風呂敷に包んで持参する方が、より丁寧な印象を与えることが出来ます。

 

お菓子の箱をお相手に渡す時には、風呂敷から出して、お菓子の箱のみをお相手に渡します。紙袋を持ち帰るのと同様、風呂敷も持ち帰るようにします。但し、商品の一部とみなされる紙袋は、商品に添えてお相手に渡すことが出来ます。

 

この度のご質問のように、商品の一部とみなされる風呂敷であれば、そのまま渡すこともあり得るのかもしれません。実際の商品を拝見しておりませんので確定は出来ませんが、基本のマナーを知っていれば、基本をもとに判断することが出来ます。基本をもとに臨機応変に対応してみて下さい。

 

※「商品の一部」とは、「お相手がもらって嬉しい、美しい紙袋」などの意味です。

 

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)