山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第359回「歩き方のコツ」

2017.06.30

Q 振る舞いについての質問です。先日、社員の制服をお洒落な印象の制服に変更しました。振る舞いも洗練された印象をお客様に与えることができるようにしたいのですが、どのようなことに気を付けるべきでしょうか?(Yさん)

 

 

A Y様の職業によると、立ったままの接客の多い仕事のようですので、是非「歩き方」に気を付けて下さい。運動として走りながらの作業の時と異なり、エレガントな印象を重視するには、かかとが一つの線の上を歩いているように着地をします。一つの線の上を歩いていても、お膝が歩くときに外向きになっていたり、離れていては、がに股の印象を与えてしまいますので、お膝を動かす時も、空間を一つの線により添うように動かすようにします。最初は足元を気にするあまり地面の方ばかり見てしまい、お顔が常に下を向いてしまいがちになりますが、足元や膝の動きを気にせず歩けるように練習を重ねていくと、自信をもって姿勢を正し、生き生きとした表情でお客様に接することができるようになります。

 

人と差がつく「素敵な接客」には、ちょっとした努力が不可欠ですね。

 

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)