山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第358回「訪問のマナー」《スリッパ編》

2017.06.23

Q 私は、訪問をする際、常にスリッパを持参するようにしています。どうしても他の人が使用したスリッパに抵抗があるからです。その場合、どのタイミングでスリッパを出すべきでしょうか? ちょっとしたタイミングによってお相手の感情が異なることに気が付いてきているので気にかかります。(山口市・Yさん)

 

 

A 訪問先でスリッパをお借りする場合は、ご自身の靴を両足とも脱いで、いったん両足裏を床に着地させた時が、「スリッパをお借りします」と声をかけるタイミングです。靴を脱ぎながら、または靴を脱ぐ前には言わないようにします。

 

そのように考えますと、靴を脱ぎ、両足裏を床に着地させた後に、ご自身のスリッパをお出しになると良いのではないでしょうか。玄関に上がる前に声をかけたりスリッパを出したりしますと、先方様の意思にかかわらず、お邪魔をする意思を先に表明することになりかねません。

 

基本のマナーを習得し、ぜひ様々な行動に活かしてみて下さい。

 

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)