山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第348回「食べ方のマナー」

2017.04.14

Q 和食の魚の食べ方に決まりがあることを、最近知ったのですが、他の食べ物にも決まりがあるのですか。今まで何も考えずに自由気ままに食べていて、急に気になってきました。(周南市・Mさん)

 

 

A それでは、お魚以外の内容でお伝え致します。

 

洋食の「お肉」の場合は、ナイフでお肉の左側から切るようにして下さい。全部まとめて切り終えてから食べるのではなく、1回ずつお口に入れる分量を切って下さい。1切れずつお口に入れて、次のお肉をまた1切れ切ってお口に運びます。お皿の中の全てのお肉を食べ終わらなくても、途中でナイフとフォークをお皿の上に置き、飲み物を飲んでもマナー違反にはなりません。但し、飲み物を飲む前に、お口(唇)をテーブルナプキンで軽く拭いてからお飲み下さい。

 

和食の場合は、ひと口で食べることのできない大きさのお肉は歯で嚙み切って下さい。歯型のついた食材は途中で食べるのを中断せず、食べ終わるまでは他の食材を食べないようにします。お肉に限らず、箸の通らない食材は全て同様に考えて下さい。

 

洋食と和食のマナー、どちらもスマートにできると良いですね。

 

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)