山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第333回「テーブルマナー」

2016.12.23

年末年始に会食の機会が増えるお方もいらっしゃることと思います。この度は、テーブルマナーについてお話をさせて頂きます。

 

椅子に着席をする時には左側から座ることをお薦め致します。ただし、椅子の左側が壁になっており、壁と椅子の間があまりにも狭すぎる場合や、左側のお席に先にお座りになっていらっしゃるお方に違和感を与える場合などはお控えください。

 

マナーレッスンを10年以上させて頂いておりますと、「マナーの先生にこのように習ったのだから守るべきなの。マナーではそうなのよ」と、かたくなに守り続けてくださるお方のお話を聞くことが何度もあります。気にかけてくださるのは嬉しいのですが、状況に応じて柔軟に対応なさることをお薦め致します。そうは申しましても、わたくしのお伝えする「このようになさった方がよろしいかと」「お薦めです」との言い方は、わかりやすくお伝え致しますと「そうしてください。マナーの基本ですよ」との意味でもあります。

 

お互いが楽しく過ごすために、お相手の意図を思いやることが出来ると素敵ですね。是非、日常から「左側」から着席する習慣をつけておきましょう。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)