山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第329回「電話のマナー」

2016.11.25

Q 会社の電話を受ける時に困っていることがあります。担当者が不在の時に、「担当者からかけなおさせる」とお相手に伝えても、お相手が「また後でかけなおします」とおっしゃることが多々あります。その場合、お相手が気を遣って下さり「かけなおす」とおっしゃっているのか、忙しくて急な電話には対応出来ないので「自分からかけなおしたい」と思っていらっしゃるのか、判断に困ってしまいます。その場合は、お相手の「かけなおす」との言葉に素直に従い、お相手がかけなおして下さるのを待つべきでしょうか。(山口市・K様)

 

 

A お相手が「かけなおす」とおっしゃっていても、お電話を頂いたことは担当者に伝えるようにします。お相手が「こちらからかけなおす」とおっしゃっているならば、そのご厚意にまずはお礼を述べ、その後言葉を足すようにします。

 

「○○様、お気遣い有難うございます(お手数をお掛け致します)。△△が戻りましたら、私からも○○様からお電話を頂きましたこと、△△に申し伝えます」など、お相手が安心して下さる言葉を添えます。

 

状況によってはこの度の私の例題よりも、もっと丁寧な受け答えの言葉もありますので、臨機応変にお願い致します。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)