山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第320回「お見舞いのお花」

2016.09.23

Q お見舞いにお花を持って行こうと思います。気を付けることはありますか?

 

 

A 詳しい内容がわかりませんので、お伝えしておかなければならない内容から紹介させて頂きます。

 

お見舞い先が病院などの施設である場合には、お花を病室に持参することが許可されているかを前もって確認しておきましょう。その際に、紫色のお花はお避けになるでしょうが、美しい青色も控えるようにしましょう。この度の質問内容は「お見舞いのお花」とのことですので、百合(ユリ)や鉢植えのお花も避けた方が良いでしょう。

 

造花に関しては、先に述べさせて頂いたように、生花の持ち込みが禁止されているような場所での活用は出来ますが、お見舞いの第一候補としては問題もあります。お見舞いには、「直ぐに完治して欲しい」との願いを込めて贈りますので、永らく療養先で活用出来るイメージは避けるようにします。

 

親身になって下さるお花屋さんも多数いらっしゃると思います。まだまだお見舞いのお花のマナーは多数ありますので、気を付けておきましょう。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)