山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第315回「ティーマナー」

2016.08.19

Q. 子どものお母さん同士のお付き合いで、他のお母さまのご自宅へお邪魔することがありました。我が家では使用しない、とても美しいティーカップやお皿で、紅茶やケーキなどをふるまって下さいました。かなり緊張して、可愛くて美しいティーカップを褒めて良いのか、人様の食器について話すことはお行儀の悪いことなのか、気持ちが動転してしまい、ほとんど私から会話をすることが出来ませんでした。これからもお邪魔することがあると思いますので、どちらが正しいのか教えて下さい。(光市・Iさん)

 

 

A. I様がおっしゃるように、紅茶やケーキを頂くティーパーティの場合は、可愛い食器に感動した場合は、素直に言葉に表現してお相手にお伝えになって構いません。お招きを受けた嬉しさも、そのままI様のお気持ちをお伝えになることが、マナーの1つになります。

 

※素直な気持ちと申しましても肯定的なお話の場合です。

 

和のお招きの場合はこの限りではありませんので、お喋りのしすぎは禁物の場合もあります。洋のマナーと和のマナーの、状況に応じての把握が大切です。

 

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)