山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第304回「お茶の出し方」

2016.06.03

Q いつもよりかなり気をつけてお迎えしたい来賓の方へのお茶の出し方で困っています。今まで、社長室へのお茶出しは一切気にかけたことがなく、社内では接客のマナーに詳しい者がおらず途方に暮れています。お茶を出す時のマナーについて、具体的な質問内容もわからないので、ポイントを教えて頂きたいです。(山口市・K様)

 

 

A K様が大変慌てていらっしゃるご様子が、お手紙から伝わってまいりました。少ない文字数ですので全てをお伝えすることは出来ませんが、私なりにポイントになる部分をまとめてみました。

 

◎お客様のテーブルにはお盆を絶対に置かないように。
◎お盆を持ったままお辞儀をする時は、お盆を身体の横に移動してお辞儀をする。
◎お盆を持つ位置は胸の高さに固定する。
◎ソーサーは必ず両手で持つ。
◎「どうぞ」と優しくスマートに言葉を添えることが出来るようにする。

 

お茶を出す行動の前に、凛とした歩き方やお辞儀の練習をして頂くと、美しいおもてなしの振る舞いになります。訓練すれば素晴らしいおもてなしになりますので、頑張ってみて下さい。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)