山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第301回「名刺のマナー①」

2016.05.13

Q 以前名刺のマナーについてのこちらの記事を見て大変勉強になりました。また機会があれば名刺のマナーについて説明して下さると書いてあったので楽しみにお待ちしております。(光市・Kさん)

 

 

A K様、記事をご覧頂き有難うございます。

それでは、テーブル席で商談をする時の名刺の扱いについて紹介させて頂きます。
テーブル席で商談をする場合は、お相手から頂いた名刺をテーブルの上に出しておきます。お相手に興味を持っていることの表現方法の一つとも言えます。

 

そして、頂いた名刺にお相手の目の前で何度も目を通して構いません。むしろ、お相手の目の前で何度も名刺に記載してある内容に目を通し、名刺に記載してある内容をもとに会話をするのもコミュニケーションの一つとして効果的です。その際には、お相手の名刺に丁寧に手を添えながら目を通すなど、お相手を敬っている立ち居振る舞いを心掛けましょう。

 

名刺は商談の最後までは出しておきませんので、次週に名刺を名刺入れに入れるタイミングについて、お伝えすることにいたします。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)