山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第289回「『おやすみなさい』の言葉に気を付けましょう」

2016.02.19

夜遅くまで仕事を一緒に手伝って下さった上司に、帰り際、「おやすみなさい」と声をかけてしまったり、「遅くまでご苦労様でした」と言ってしまったりしていませんか? 「その言葉はまずいわよね」と、直ぐにお気づきになったお方もいらっしゃることでしょう。

「おやすみなさい」は、目上の人には使わないようにしましょう。「お疲れさまです」や「ありがとうございます」の言葉では当てはまらず、「先に眠って良いよ」などの言葉をかけて頂き、どうしても「おやすみなさい」の就寝のご挨拶をなさりたい時には、「お先に休ませていただきます」と伝えるようにしましょう。

「ご苦労様」の言葉も、上司から部下を労う言葉としては使用しますが、目上の人には使用しないようにします。そのことから、部下に対しても、上から目線の言葉にならないように「ご苦労様」の言葉ではなく、他の言葉で対応なさるお方もいらっしゃることでしょう。
悪気なく発している一言。ぜひ気を付けたいものです。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)