山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第287回「アフタヌーンティー」

2016.02.05

Q. 先日、出張先のホテルのティーラウンジにて、アフタヌーンティーのセットを取引先の人と食べることがありました。沢山のお菓子などが3段重ねのお皿の上にあり、何から食べるべきなのか迷いました。それに紅茶を一緒に飲むべきなのか、お抹茶の時のように、最初に紅茶をすべて飲み終えてから食べ物の順なのか全くわからず、冷や汗が出てしまいました。ランチミーティングという言葉を聞いたことがありますが、3段重ねのお菓子をこの年になって体験するとは思いもよらず、プライベートならば「嫌だ」と言えますが、仕事で受けたおもてなしですので、今後のためにきちんと学ばなければと焦りが出てきました。何から気を付けるべきなのか、取り急ぎ可能なもので構わないので教えて下さい。

 (Kさん・男性)

 

A. ケーキ、サンドウィッチ、クッキー、チョコレートなどがあるときには、お食事のイメージのサンドウィッチから、そしてケーキを頂きます。それでも、「もしも、お腹一杯になっていないのは失礼なので」とのお相手の気遣いで用意のクッキーやチョコレートを頂く、と覚えておくと覚えやすいです。
紅茶はお菓子と一緒に楽しんで問題ないです。文字数の関係で簡単なお答えになりましたが、次回は心に余裕の持てるお時間をお過ごしになれますよう、お祈り致しております。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)