山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第284回「名刺交換のマナー」

2016.01.15

新年の会合などで、名刺交換をする機会が増えるお方もいらっしゃることと思いますので、名刺交換をする場合の基本中の基本についてお伝え致します。

ご自身の名刺は、名刺入れから出すようにします。そして頂いたお相手の名刺も名刺入れに丁重な態度で入れます。ポケットに直接入れることはしないようにお気を付け下さい。そして、名刺入れの中には、他の場所で名刺交換したお方の名刺が大量に入っているままにしておかないようにしましょう。

名刺は、お相手の分身として大切に扱うべきものです。お相手から頂いた名刺にメモをとる行為も失礼な対応と言われています。「お相手の顔に落書きをする印象を与える」との意味とも言われています。知らず知らずに失礼な対応になっていては残念です。最初の印象である名刺交換のマナーは、身に付けておくと役立ちます。

※名刺を受け取る時の態度、名刺を名刺入れに入れるタイミングや態度についても、また機会がありましたらお伝えしたいと思います。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)