山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第268回「美しい歩き方」

2015.09.18

Q. 私は内股歩きなので、「膝をくっつけて歩くと良いよ」と人に言われたことがあり、実践しています。しかし、それでも内股だと上司に言われ、気にしています。子どもっぽくてだらしない印象を与えてしまうと、自分でも分かっているので、改善して仕事でも落ちついた印象の大人の女性として扱われたいです。膝をくっつけて歩くのは間違いなのでしょうか? 教えて下さい。(Kさん・女性)

 

A. Kさんのように、指摘を受けたことを一生懸命気にかける女性も多くいらっしゃる点は、指摘をする側も念頭において伝えなければなりません。

そして、Kさんの質問についての回答です。膝をくっつけても内股歩きに見えるのであれば、脚を前に移動する時に、膝が内向きに移動していることが考えられます。改善策としては、「かかと」と「つま先」が常に1本の線の上を歩いているか、確認をしてみて下さい。着地をする時は、つま先からの着地ではなく、かかとから常に着地をするようにします。

※つま先を少し外に角度をつける等、より美しく見える方法はありますが、ここでのお伝えは難しいので、まずは前記の実践をお奨めします。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)