山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第264回「お隣の人のパンを食べていないですよね?」

2015.08.21

ある日、ディナーショーに参加致しました。男性の参加者の多い会場でした。

その後、参加者の男性から、「パン」についてのご質問を多く受けました。皆さま、会食中に私に質問をなさらなかったのは流石です。そのような場面で、私に質問をなさっても私が回答しないことはお分かりになっている方々だからです。会場内でご質問なさった時の私の回答と、全てが終了して個人的に質問なさった時の回答が異なるのも、よくご存じだからです。

パンはテーブルに向って左側に置いてあるパンがご自身のパンです。テーブルセッティングの都合上、右側のパンの方がご自身の方に近くとも、右側のパンをいただくことがないようにしましょう。「左側のパン」だと覚えておきましょう。皆さまがバラバラに選択なさいますと、離れたお席のパンが余ってしまい、テーブルの皆さまでちょっとしたハプニングになります。テーブルマナーを知っていることも大切ですが、もしもそのようなことが起こった場合は、否定せず「椅子取りゲームのようで楽しい」と受け入れる、心の余裕が欲しいものですね。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)