山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第261回「カトラリー」

2015.07.31

Q. ナイフとフォークとスプーン。1つのお料理に、3つのカトラリーが出てきた場合、どうすれば良いですか?

 

A. 「3つ一緒に使うには?」と、真剣に考えて下さるお方のことも耳にしますが、大丈夫です。3つを同時に持って食事をするのではなく、スプーンでスープを頂いたり、フォークで突き刺した方が食べやすければ、フォークを使用したりと、お好きなようにご使用下さい。お箸は突き刺す用途に使用しませんが、フォークで突き刺す行為はお行儀の悪い行為ではありません。

慣れていれば、ナイフとフォークで十分スマートな振る舞いができ、スプーンが必要ない場合もあります。お店側のご厚意で用意して下さっている場合もありますが、必要なければ使用せずとも問題ありませんので、堂々とご自身のお気に召すようにどうぞ。

とは申しましても、美しくスマートな振る舞いで食事をしていることが前提のお話です。慣れてくると、どんな場面においても、お行儀に気を付けながらも緊張せず、心から楽しんでお食事をすることが可能です。

 

※「カトラリー」とは、ナイフ、フォーク等の総称です。グラスは含みません。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)