山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第240回「左利き」

2015.03.06

Q. 私は左利きなのですが、右利きに直した方が良いのでしょうか。来月、婚約者の両親と食事をすることになり、県外の有名な洋食のお店に行くことになっています。そのお店をネットで調べてみてかなり緊張しています。マナーをきちんとご存じのご両親との事です。あと1か月もありませんが、右利きにする練習をするべきでしょうか?(Aさん)

 

A. Aさんの質問文には実際のお店の名前も記載してありましたが、大変素敵なお店ですね。この度の「右利きに直すべき?」とのご質問ですが、現在は「左利きであってもマナー違反にはならない」と言われております。

 

日本の文化の中で右利きが礼儀であると言われてきたのは、刀を持って生活していた時代の宴席において、「刀を持つ方の手に杯を持つ」すなわち「刀を持つことの出来ない状態でお酒を酌み交わす」との意味があります。その他にも色々な理由があります。女性においての内容もありますが、現在は言うべきではない内容であるかと思います。

 

Aさんの予定なさっているお店では、Aさんが左利きであることに気づいたお店側が何も言葉に出さず、スムーズに左利き用のセッティングに変更してくれます。穏やかな気持ちで楽しんで下さい。私も左利きです。ただし日本古来の文化を重んじるべき場所では右利きにする練習をしています。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)