山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第238回「テーブルマナー」

2015.02.20

Q. 食事中に席を立つ時には、テーブルナプキンはどこに置くべきなのでしょうか?

 

A. 「退席」の場合と「中座」の場合に分けてご説明いたします。

 

〈退席の場合〉

席に戻らない時は、テーブルの左側に置きます。お席への出入りは左側から行いますので、同じ方向にテーブルナプキンを置く、と覚えておくようにします。右側にはグラスが置いてありますので、割れ物の置いてある方はハプニングを防ぐために通らない、と覚えておきましょう。

※他にも理由はありますが、日本の現在の状況においてはそのような覚え方が実用的と思います。

 

〈中座の場合〉

もう一度席に戻る時は、椅子の上にテーブルナプキンを置きます。もし、席に戻って来た時に、背もたれに置き直してあったとしても気になさらないように。サービスをして下さる側が背もたれに置き直して下さる事もあるかもしれませんが、ご自身でする行動ではありませんので、椅子の上で間違いではありません。「お尻を置く場所に口につける物を置くのですか?」との質問をお受けしたならば、「本来、途中で席を立つのがマナー違反と心得、気になるのならば席をお立ちになりませぬように」との、厳しいお答えになります。

 

優先すべき順位を考え、その場に適応した行動を心がけるようにしましょう。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)