山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第223回「立食での立ち居振る舞い」

2014.10.31

立食形式での食事会では、着席の時よりも多くの動きが生じますので、美しい振る舞い(スマートでお行儀の良い動き)を身に付けている事は、マナーの知識を沢山持っている事よりも、重要であるとも言えます。

 

マナーの知識がいくら豊富であろうとも、周囲に不快な思いをさせる立ち居振る舞いがあっては、場の雰囲気を壊しかねません。また、大人になってからはその事を指摘して下さるお方もいなくなります。

 

立食の会に参加した時に気を付けておきたい内容を何点か紹介致します。

 

★お料理があるテーブルの近所に立ち止まったままお喋りをしないように。お料理を取る人の邪魔になっていない場所であっても離れた場所でお話しするように、心がけましょう。

★軽いボディタッチも禁物です。親しみを込めて会話相手の身体に相槌がてら触れることは、特に異性に対しては気を付けて下さい。「自分だけは許される」とは思わないように。

 

お食事と会話を楽しむ立食の会。どなたとも楽しく素敵に過ごすための基本中の基本です。是非お気を付け下さい。傷ついたり不快に思っている事を表情に出さず、ニコニコしている事があるのは皆さまも経験があるはず。私自身でしっかり、お相手の気持ちを考慮する気配りが大切と思う今日この頃です。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)