山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第207回「男性・女性に関わらず素敵な対応を」

2014.07.04

女性が活躍できる現在の状況において、私自身、大変活躍なさっている男性の皆さまから、レディファーストを受けることは多々あります。私自身そのお気持ちを有り難く受け入れるべき状況の時もあります。握手のマナー、席順のマナー、乾杯のマナー、エレベーターの中、階段等。また、ご夫婦の場合、ビジネス上の立場の場合等、複数の状況に応じたそれぞれの対応があります。

 

全てのマナーの知識を得ることにより、状況に応じた対応をお奨め致しますが、レッスン時のように全てをコラムにてお伝えすることは不可能です。女性の立場を尊重して下さる男性に対して、私達女性も感謝をする気持ちや態度は必要です(ここでは全ての男性が紳士的な対応をしてくださっていることが前提でお話しております)。

 

私の立場において出来ることは、人を指摘することではなく、楽しく活躍するために必要な知識をお伝えすることです。欧米においての文化を取り入れることも大切、日本の文化を重んじることも大切、プロコトールの知識を得ることも大切、と思うのは私の一意見であり、本コラムは一部の知識のご紹介にすぎません。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)