山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第206回「レディファースト」

2014.06.27

Q. 少しマナーについて学んだことでレディファーストを受けて当たり前と思っている、我が家の娘に困っています。「ここは日本なので、男性をたてなさい」と何度注意してもなおりません。このままでは、大きな恥をかくこともあると思います。先生はどのようにお考えでしょうか。(Fさん・女性)

 

 

A. 気持ち良くレディファーストを受け入れることが社交マナーの1つであることもあると思います。しかし、Fさんのおっしゃる通り、日本の文化の中では、それだけでは対応出来ない事は私も実感致しております。

 

例えば、洋食のお席では気持ち良くレディファーストを受け入れ、上座に座ります。その際の感謝の気持ちはしっかり言葉でも表現致しましょう。そして、和食のお席では男性が上座に、女性は下座に。この場合の社交辞令での上座へのお誘いは、慎ましく辞退致しましょう。

 

同じ人と過ごす場合であっても、状況に応じた行動が出来る素敵な女性でありたいものですね。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)