山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第205回「和と洋の違い」

2014.06.20

Q. 洋食のテーブルマナーで先日、恥をかいてしまいました。間違ってお隣の人のパンを食べてしまいました。他にも失敗をするのではないかと、今後が恐怖です。失敗しやすい内容をぜひ教えて下さい。(Fさん・女性)

 

 

A. Fさんのパンのお話は、もしかすると、「ご自身の右側に置いてあるパンをお取りになった」ということではないかと思います。左側に置いてあるパンがご自身のパンだと覚えておきましょう。

 

マナーのツボは人それぞれ。どの部分を必要となさっているかは難しいところですが、例えば、洋食のお席では、飲み物をグラスに注いで頂く時は、ご自身でグラスを手で持つことなく、テーブルに置いたまま注いで頂きます。しかし、和食のお席では、杯をテーブルの上に置いたまま注いで頂くことはせず、「右手を主にして持ち、左手を添えるとのマナーがあります。洋のお席、和のお席で、状況を見極めながら、行動なさることをお奨め致します。

 

他にも、洋と和で正反対の行動も多々あります。また機会がありましたら、ご紹介したいと思います。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)