山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第196回「名刺のマナー」

2014.04.18

Q. 歓迎会の多い季節になりました。名刺のマナー・握手のマナーなど、男性が気を付けるべきことを紹介して頂けると有難いです。女性の多い職場なので、悪気なく失礼なことをしていないか、気にかかっています。(周南市・男性)

 

 

A. 「名刺のマナー」と「握手のマナー」を、うまく使いこなしていらっしゃいますでしょうか。

 

 名刺を出すのは「目下の者から」と言われております。握手の場合は「男女どちらから」とのマナーがありますが、名刺の場合は男女の決まりはありません。

 

しかし、ご自身が目上であっても先に出す思いやりは、大変紳士的に見える行動と思います。お相手は、目上のお方にご挨拶をするタイミングや、ご自身の立場で挨拶をさせて頂いて良いものなのかなど、ご遠慮なさったり、緊張なさっている場合もあることでしょう。お相手への思いやりとして、目上の立場である場合も、先にコミュニケーションをとってさしあげることをお勧めいたします。

 

さて、握手はいかがでしょうか。握手は身体の一部に触れる行為ですので、配慮が必要です。次号でふれてみたいと思います。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)