山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第194回「バッグを置く場所①」

2014.04.04

Q. 取引先に行った時や食事に行った時に、バッグを置く位置に困ってしまいます。どこの場所に置くべきなのか、マナーの決まりなどあるのでしょうか。もしもあるようでしたら教えて下さい。

 

 

A. それでは、バッグを置く時に、絶対に置いて頂きたくない場所からお伝えさせて頂きます。絶対に置いてはならない場所は、机の上です。背の低いテーブル、背の高いテーブル、全て共通です。バッグの種類を問わず、全てのバッグに共通していると心得ておきましょう。

 

どんなに美しいバッグも、どんなに高級なバッグも、小さなバッグも同様です。例えば、お洋服の一部とみなすことの出来る、ファッション性の高い小さなバッグ(パーティーバッグ)は、バッグハンガーを使用することも可能です。もしくは、美しい振る舞いで座るには、椅子の前側3分の1にしかお尻を付けて座りませんので、椅子の後ろ側3分の2は、バッグを置くことが出来るスペースです。

 

大きなサイズのバッグについては、次号でご紹介させて頂きます。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)