山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第193回「着席のマナー」

2014.03.28

Q. 椅子から立ち上がる時、左右どちらに立つべきでしょうか。先輩から決まりがあると怒られたことがありますが、本当にそのような決まりはあるのですか?(光市・Yさん)

 

 

A. 左右についてのご質問ですので、床の間があるお部屋や、上座・下座を気にかけた方が良いお部屋ではない場合としてお答え致します。

 

その場合は、左側から座り、左側に立ち上がります。洋食のマナーとして覚えておくと良いでしょう。会社内においても、床の間がない空間ですので、お席の左側からの出入りを気になさるお方もいらっしゃることと思います。ただし、左側が壁の場合や、他の人が先に左側にお座りになっている場合などは、左側からの出入りを遠慮した方が良い場合もあることでしょう。

 

また、椅子ではなく、座布団の場合は、前記の左側からの決まりではなく、床の間とは反対側(下座)から出入りをするように心がけましょう。個々人のマナーのツボは、それぞれ観点が異なる場合もあることでしょう。色々な知識の中から、お相手が心地良く過ごして頂ける自然な行動を心がけたいと、私自身思っております。

 

※左側からの出入りについてのマナーの決まりは、西洋文化から取り入れている洋食マナーの1つです。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)