山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第189回「食事のマナー(和食編)」

2014.02.28

Q. 「箸で食べる時に、手を添えるのはマナー違反」と聞いたことがあります。ですが、水分の多い煮物などを食べる際には、途中で汁がこぼれることもあります。マナー違反にならないためには、どのようにすると良いのでしょうか。(山口市・Yさん)

 

 

A. 食事のマナーについて真剣にお考え頂き、有難うございます。

 

Yさんのおっしゃるとおり、こぼれそうな時に手を添えますと、「その汚れた手はどうする?」ということになるので、「手を添えないように」との食事のマナーがあります。

 

涙箸(煮物の汁などをたらしながら食べること)は、タブーだとされておりますので、食材をお箸で高く持ち上げる前に、器の中で汁がたれなくなるタイミングに気を付けます。どうしても汁がたれてしまう時は、ほんの少し食材を器に押さえるようにすると、滴が切れやすくなります。

 

しかし、食材をあまりにも押さえつける行為は、お行儀悪い行動になりかねないので、美しく優しくお願いします。そして、目の前でご一緒に食事をしている人の目障りにならない角度にて、さりげなく行う気遣いもお忘れなく。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)