山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第184回「食事の時のバッグ」

2014.01.24

Q. 食事に行った時に、バッグをどこに置くべきか迷ってしまいます。隣の椅子が空いている時は、隣の椅子に置くべきでしょうか、それとも足元に置くべきでしょうか。

 

 

A. あらたまったお出かけ時にバッグの位置が気にかかるようでしたら、バッグはなるべく小さな物にするようにしましょう。

 

そして、お隣の椅子を占領するのではなく、ご自身のお座りになる椅子に置きます。椅子の上にはご自身のお尻ものっていますので、お尻は椅子の前側3分の1までに収まるように座り、残りのスペースにバッグを置くようにします。

 

A4用紙サイズよりも大きなバッグの時は、ご自身のお座りになっている机の下側に置きます。椅子と椅子の間(ご自身の横側)に置いてしまうと、お食事やお茶をテーブルに置いて下さるお方の足元に当たってしまうことがあります。当たったお相手も気になさることでしょう。

 

ハプニングを予期した思いやりのある行動で、お互いが気持ち良い時を過ごせるように心がけましょう。私も素敵な思いやりを心がけたいと思います。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)