山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第182回「エレベーターのマナー」

2014.01.10

Q. 目上のお方をエレベーターでご案内する時、上座や下座もあるのですか。

 

 

A. エレベーター内の下座はパネルのボタンがすぐに押せる場所です。エレベーターでお客さまをご案内する時は、お客さまより先にエレベーター内に入り、すぐにパネルの前に行きます。

 

お客さまより先に入ることが恐縮な雰囲気の場合は、「お先に失礼します」と言葉を添えてはいかがでしょうか。そして、スムーズにパネルの操作が出来るように慣れておきましょう。お客さまはエレベーター内の奥側の真ん中辺りにお立ちになります。

 

エレベーター内でむやみにお客さまに話しかけることは控える方が良いでしょう。エレベーター内は公共の場所と考えるお方からすると、話しかけられるとお話ししなければならず、お行儀悪いことを誘発してしまうことになります。

 

エレベーターから出る時は、パネルの前でドアが閉まらないようにボタンを押し、お客さまに先に降りて頂きます。但し、ビジネスマナーよりも防犯面やレディファーストを重視する場合はこの限りではありません。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)