山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第179回「贈答のマナー」

2013.12.13

Q. 複数の人に、贈答品を渡したいのですが、やはりそれぞれのお宅や会社に自分でお届けに行くのがマナーなのでしょうか?

 

 

A. 核家族化が進んだ現在、ご自宅に常にお留守番のお方がいらっしゃる状況も少なくなったと言われています。ご自宅にお届けするアポイントを取ることが、お相手にとってご負担になると配慮した場合は、配送の方が適当であると言えるでしょう。

 

マナーは、お相手に不快な思いをさせないよいための方法で、時代と共に変化していくものですので、その点を考慮してお答えさせて頂いております。

 

配送でお届けをする場合は、お品と共にご挨拶の言葉を記した便箋やカードを封筒に入れて同梱します。お品を購入する先の業者様の都合で同梱が出来ない場合は、お品がお相手に届く前に、手紙もしくはハガキにてお品をお贈りする旨のご挨拶を郵送しておくようにします。

 

お相手の負担にならないご挨拶を心がけたいものですが、何でも省略しすぎるのも難点になります。お相手の立場をじっくり考えることがマナー成功の秘訣です。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)