山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第171回「ちょっとしたしぐさで好感度アップ」

2013.10.18

Q. 「姿勢が大切」とは思うのですが、マナーと姿勢は関係ある内容なのですか? 当たり前のようなことに感じています。それどころか、いつも姿勢をよくしているのでは、威張って見えそうで逆に不安があります。(周南市・Oさん)

 

 

A. それでは、今回は姿勢に気を付けていらっしゃるお方に、ワンランクアップの振る舞いをご紹介いたしましょう。

 

みぞおちの辺りを前に突き出すようにして椅子に座ってみましょう。そうすると、いつもより一層、肩が後ろに反ります。その状態で、いつもより深く顎を意識して引きます。そして、やさしく見えるコツとして、テーブルに指の先のみを添えるようにします。手首よりも肘(ひじ)に近い方はテーブルにのせないようにすると、肘をついている傲慢なイメージを与えません。

 

ちょっとしたしぐさが好感度アップの秘訣です。意識してお試しになってみてください。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)