山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第170回「訪問先での飲食」

2013.10.11

Q. とても丁寧でお行儀が良いと思われたい時の、応接間での対応について以前から気にかかっていたことがあります。お茶とお菓子が出ても、お相手に失礼にあたると思い、絶対に頂かないようにしてきました。やはり、人前では食べる姿を見せないのがマナーでしょうか?(Aさん・女性)

 

 

A. Aさんと同じ質問をよくお受けします。特に仕事で個人宅にお伺いした時に、お茶やお菓子を頂くか迷うとの内容です。

 

マナーの基本は、お相手を不快な気持ちにすることなく、気持ち良くご一緒の時間を楽しんで頂ける振る舞いを心がけることです。前もってお菓子などを用意して下さったお相手の気持ちを考えると、感謝や感激の気持ちを伝えることで、お相手も喜んで下さることが大いに考えられます。

 

食べたり飲んだりする状況の時は、振る舞い方や言葉のタイミングにて、お行儀良さと感謝を伝えることが出来るよう、まずは姿勢を正したまま、お茶を飲むことからはじめてみましょう。お行儀の良い振る舞いで頂く事が出来れば、印象も良い評価になります。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)