山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第167回「バッグを置く位置」

2013.09.20

Q. 私は仕事の時に、雑誌が入るサイズの大きなバッグを愛用しています。そんな時にフォーマルな場所でのお食事に招かれることもあり、バッグをどこに置くのがマナーなのか、気にかかってしまいます。食事のマナーでは「自分が座った椅子の後ろに置く」と聞いたことがありますが、書類があるのでどうしても小さなバッグにすることができません。どうしたら良いでしょうか?(山口市・Kさん)

 

 

A. 大きなバッグの時は、ご自身がお座りになる右側のテーブルの下に置きます。椅子の横に置きますと、お食事を運んで下さるお方が運びづらいので、お店のお方にも気遣いをする心からです。

 

しかし、ご自身で置く時は足元に置く気持ちを優先しますが、逆の立場でおもてなしをする側の時は、椅子が空いているならば、椅子の上に置くことをお勧めする言葉と、お相手がご遠慮なさらないように、荷物を置きやすいように椅子の位置を少し移動する行動も忘れずに。

 

わが身の時は謙虚に、逆の立場の時はお相手の立場を考えて行動することが、素敵な大人の心得ですね。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)