山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第164回「プレゼントの応対」

2013.08.30

Q. 職場の上司や同僚全員から、試験に合格したお祝いにプレゼントを頂きました。同僚のみでなく、上司の方々もいらっしゃる手前、どのようにお礼の態度を取るべきか、困ってしまいました。慎ましく厳粛にしておくべきでしょうか、それとも、はしゃいで嬉しそうにする方がよいのでしょうか?マナーとしてはどっちが正解ですか。

 

 

A. 頂くプレゼントの種類や状況によって判断出来る知識を身に付けておく事をお勧めいたします。

 

基礎編として、①リボンの付いている洋風の贈り物、②熨斗のついている和風の贈り物、の2つに分けて考えてみましょう。

 

①の場合は、感謝の気持ちを明るく言葉に表します。感激を態度で表す方法として、「とっても嬉しいのですぐにプレゼントを見たい」との思いを伝え、その場でプレゼントの包装紙を開き、お相手に感激している言葉を伝える方法です。感激の心が直接伝わるので、プレゼントして下さった人も嬉しくなります。

 

②の場合は、人前で包装紙を開けるのはお行儀の悪い態度とみなされるので、落ち着いて感謝の意を伝えます。

 

①と②の使い分けが出来ると素敵ですね。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)