山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第159回「頂き物のマナー」

2013.07.19

Q. 自宅を訪ねていらっしゃった人がケーキを持参して下さった場合、そのケーキをお出しするべきなのか、自宅で用意したケーキを出した方が良いのか、いつも迷ってしまいます。両方出すのもお腹いっぱいになるし、どうするべきでしょうか?

 

 

A. 頂き物をお出しするか否かは、和のマナーの考え方、洋のマナーの考え方で異なります。

 

例えば、和のお席でお饅頭に熨斗包装がしてあるお箱を、お客様が訪問なさっている時間内にさっさと開けてしまうのは、お行儀が悪い行為とみなされます。

 

それとは逆の考え方で、洋のマナーでは、頂いたケーキへの感動をお客様に伝え、一緒に楽しく頂くことを提案し、共にお茶を頂く時間を楽しむのがマナーとされるのです。

 

洋食と和食共に楽しむのと同様、「洋のマナー」と「和のマナー」を状況に合わせて、お相手と気持ち良く過ごせるように使いわけてみましょう。お箸のマナー、フォークやナイフのマナーがあるのと同様に楽しんでみましょう。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)