山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第158回「テーブルマナー」

2013.07.12

Q. 1つのお皿のお料理やデザートに対し、フォーク、スプーン、ナイフの3つがレストランで用意されていることがありますが、どのように使用する決まりなのでしょうか? いつも戸惑ってしまうので教えてください。

 

 

A. 例えば、1つのお皿に、ナイフで切って食べる食材がある場合は、ナイフとフォークの両方を持って下さい。ナイフを使用しなくても食べることが出来る食材であっても、フォーマルな場所では、両方のカトラリーを持つようにしましょう。そしてフォークでは食べることが出来ない柔らかい食材やスープは、スプーンに持ち替えます。

 

食事の振る舞いの粗相は、ご本人は気がついていなくとも、周囲の人々は一緒にいて恥ずかしいこともありますので、気をつけておきましょう。その時に使用しないカトラリーはお皿の上に置きます。

 

カトラリーとは、ナイフ、フォーク、スプーンの総称です。グラスはカトラリーには含まれません。カトラリーはお料理を美味しく頂けるように用意して下さった、お店側の心遣いです。もしもスプーンを使用せず食べたとしても、マナー違反ではありません。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)