山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第154回「名乗る順序」

2013.06.14

Q. 名刺を渡す時に、でしゃばって先に自分の名前を言って良いのか、いつも迷ってしまいます。誰から挨拶をするべきなのか決まりがありますか?ありましたら教えて下さい。

 

 

A. 名刺は格下の者から名乗る(差し出す)のがマナーと言われています。営業活動などでは、来訪した側が先に名乗るようにします。

 

しかし、応接間まで招かれた来訪者に対しては、家人側から、おもてなしの気持ちを込めて先に名刺を差し出す思いやりも必要なことでしょう。従って双方が同じタイミングになる事は多々あります。お互いにお相手に敬意を表している行動からです。

 

双方を仲介する立場のお方がいらっしゃるならば、仲介者の方に属している人(仲介者の家族や仲介者の社内側の人)を、先にお相手に紹介します。

 

目下の者から先に名乗るようにしたいので、「仲介者の身内の側からお相手に名乗るように心がける」と覚えておくと良いですね。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)