山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第151回「名刺の受け渡し」

2013.05.24

Q 私はかなりの年齢になりました。仕事上でも後輩にあたる人が訪ねてきてくれる事が増えてきました。名刺は格下の者から名のる(差し出す)のがマナーとは言いますが…。マナー通りに相手が名刺を出すのを待っておくべきでしょうか?(山口市・男性Gさん)

 
A 訪問者や営業活動などで来訪した側が先に名のるようにとは言われておりますが、応接間に招かれた来訪者に対しては、貴方様の方から先に名刺を差し出す思いやりが、貴方様がより一層素晴らしい人格者である印象を与えることでしょう。

 

貴方様も先に名刺を差し出す態度でおのぞみになりますので、同時に名刺の受け渡しをすることになると思います。同時になった場合は、先に受け取ってあげましょう。貴方様のお立場で、謙虚にそれでも先に差し出そうとしても、お相手は受け取りにくいものです。

 

しかしながら、無言で受け取ると、その思いやりも傲慢な印象を与えますので、「お先に頂戴致します」などと思いやりの言葉を添える事を忘れずに行うと良いでしょう。

 

G様、素敵な質問をありがとうございました。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)