山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第148回「美しい姿勢づくり」

2013.04.26

Q 姿勢を正すように気を付けて心がけていたのですが、「なんだか威張って見えるよ」との指摘を受けた事がとても気になっています。何か間違ったことをしているのでしょうか。改善策はありますか?

 

 
A 立ち居振る舞い(しぐさ)の基本は姿勢です。椅子に座ってお話をする時、食事をする時、立ってご挨拶をする時など、全ての印象の決め手となります。

 

第一印象は目で見た内容により決まると言われています。お話が始まるより前に、お相手はあなたがどのような人なのか判断をする手段として、「態度」を見ています。

 

良い態度でお相手に信頼感を与える方法として、姿勢を正す事をぜひお勧め致します。そして、姿勢を正した時には必ず「顎(あご)」を意識して引くようにします。せっかく姿勢を正しているのに逆効果に見える人は、顔が上向きに見えることにより、目線が冷たい印象を与えている場合が多く見受けられます。

 

顎を引くようにしますと、目線が柔らかくなります。鏡の前で目が穏やかに見える位置を研究なさってみると良いですよ。写真撮影の時にも活かせます。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)