山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第145回「テーブルナプキン」

2013.04.05

Q テーブルナプキンは、使い終わった後は、ぐちゃぐちゃにしてテーブルの上に置くのがマナーだと聞いたことがあるのですが、本当なのでしょうか? 実際にレストランに行った時に、どうするべきなのかいつも悩んでしまいます。(山口市・Kさん)

 

 
A Kさんがおっしゃるように、お食事の後、テーブルナプキンは、ハンカチをたたむ時のように真四角にたたまないようにする方が良いでしょう。きっちりたたむ事は、「お料理がおいしくなかった」「接遇も最悪だった」との意味の合図だと言われています。「テーブルナプキンをきちんとたたむ余裕がないほどに、お食事やサービスに満足して心が十分に満たされている」との意味を込めて、きっちりとたたまないということです。

 

しかし、日本の文化において、ぐちゃぐちゃにしたテーブルナプキンを置くのは、日本の文化にそぐわなかったり、美しさに欠けると、心配になるお方もいらっしゃる事でしょう。私がスクールでお奨めしているたたみ方は、真四角に折り曲げるのではなく、少し斜めにふんわりとたたむ方法です。テーブルの景色もマナーもクリアする事ができて安心です。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)