山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第141回「敬語のマナー」

2013.03.08

Q 娘が春から就職をします。言葉使いを気を付けるように教えたいのですが、新入社員でまずは気を付けるべき言葉を教えて下さい。(防府市・Kさん)

 
A それでは、敬語に慣れていないお方のお話の仕方で、気にかかる点であり、すぐに改善出来る内容をご紹介致しましょう。

 

「れる」「られる」を使用する言葉をなるべく使わないように心掛けると良いですよ。例えば、「どうぞ、入られて下さい」ではなく「どうぞ、お入り下さい」、「どうぞ、座られてお待ちください」ではなく「どうぞ、お座りになってお待ち下さい」、「○○様が来られました」ではなく「○○様がお越しになりました」などです。

 

「れる」「られる」を使わなかったらどんな言葉になるかな、と考えながら話してみると身に付きやすいですよ。お話をする時のみでなく、メールなどの文章も同じように気を付けてみると、日常の言葉の癖に気が付く事も出来てお勉強になりますよ。どうぞ、実践なさってみてください。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)