山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第138回「左利き」

2013.02.15

Q 目上の方の前で、お茶を飲んだり食事をする時に、左利きである事がとても気にかかります。なおした方が良いですか?(防府市・Jさん)

 

 

A 右利き・左利きに関係なく、お食事中の手のポーズ、片手が空いている時の手のポーズ、乾杯の時の手のポーズなど、手の動きに気を付けるとお行儀良く見えます。

 

湯飲みを持つ時も、湯飲みを主として持つ手も、湯飲みを支える手も、指先を美しく揃えて持つように心がけると、お行儀良く見えます。

 

私は左利きですが、飲み物に関しては、右手が主で持てるように心がけております。日本古来のお酒マナーの文化を考慮致しますと、右を主にする方が良いと判断をしたからなのですが、現在では右利き・左利きについて強制をする事はタブー視されるようになっております。

 

しかしながら、私はこのような職業をしておりますと、左利きである事を指摘なさるご年配の方々によくお会い致しますので、お相手を指摘するのが何よりもマナー違反と心得て、私自身の方を改善致しました。スクールへお越しの左利きの皆さまへ強制する事は全く致しておりません。

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)