山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第107回「好感度アップの会話方法」

2012.07.06

ご自身は丁寧に話しているつもりでも、お相手は「失礼な言い方をされた」と思っていらっしゃる事があります。接客業のお方、仕事上のおつきあい、ご近所での年齢が上のお方とのおつきあいなど、お相手がいくら親しく話して下さっていても、同じ言葉で良いわけではありません。

 

「わたし→わたくし」「きょう→本日」「おととい→いっさくじつ」「あした→あす」「いま→ただいま」「この間→せんじつ」「ここ→こちら」「そこ→そちら」「あそこ→あちら」「ちょっと→少々」など、気を付けて丁寧に話しているようでも、ふと間違ってしまいがちな言葉です。

 

「お電話して下さい→お電話を頂戴できますでしょうか?」「ちょっと待って下さい→恐れいります、少々お待ち頂けますでしょうか?」「帰ったら言っておきます→戻りましたら申し伝えます」「Aさんだったら知ってます→Aさんでしたら存じ上げております」など、スムーズに丁寧な会話が出来ると、好感度アップに繋がります。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)