山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第097回「名刺交換」

2012.04.27

Q 名刺交換をする時に、誰から渡すべきかなど、決まりごとはあるのでしょうか?教えて下さい。

 

 

A それでは、基本として覚えて頂きたい例をあげてみます。

 

名刺交換は役職の上の人から行うように心がけます。例えば、三人同士で交換をする場合、接待をする側の上司がおもてなしを受ける側の上司へご挨拶(名刺交換)を行い、次におもてなしを受ける側の次の役職の人と順番にご挨拶を行います。接待をする側から先に名刺を差しだす点を覚えておいて下さい。

 

お相手から頂いた名刺は、役職の高い人から右側、順に次の役職の人の名刺をその左側に並べましょう。全体の名刺はご自身が座っている左側に置きます。名刺をご自身の右側に置かないのは、ペンを持ったり、お茶を飲んだりする右側に名刺を置いてしまうと、手や腕が名刺に覆いかぶさる事があるためです。

 

名刺はお相手の分身として大切に扱うべき、と言われている点を、しっかり把握して行動するようにしましょう。お相手に謙虚なお気持ちを伝える事が出来る方法の一つです。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)