山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第093回「改まった手紙」

2012.03.30

Q この度、お世話になるお方に手紙を出したいと思います。改まった手紙で気を付けなければならない事を教えて下さい。(防府市・Dさん)

 

 

A 改まった手紙の場合は、縦書きの色無地の便箋と封筒を使用致しましょう。お願いやお詫びの手紙も同様です。

 

良かれと思い、華やかな絵柄の便箋を使用して、お相手に軽率な印象を与えてしまっては残念な結果になりかねません。状況に応じた便箋選びが出来る事も大人のたしなみの現れです。

 

もしも、文章が便箋一枚になった場合は、もう一枚白紙の便箋を付け足して下さい。ただし、弔事の手紙の場合は、「続く」を連想させる事になりますので、この限りではなく、便箋を付け足しません。

 

洋封筒を縦書きで使用する場合は、裏面の住所の書き方にお気を付け下さい。通常は右封じになるように住所を書きますが、弔事の場合は左封じにしますので、お間違えのないようにお願い致します。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)