山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第089回「贈り物の国際マナー」

2012.03.02

Q 大変お世話になっている外国の会社の役員のお方に、ご挨拶やお礼をかねて日本の贈り物をしたいと思っています。気を付けるべき事を教えて下さい。(周南市・女性Jさん)

 

 
A 日本の礼儀作法とは異なる点を配慮致しましょう。私たちが良かれと思ってした事も、他の国の人には不快な印象を与えることもあります。丁寧に心を込めておもてなしをしているつもりが、逆効果になっていては残念です。

 

お中元・お歳暮に始まり、何かあればつけ届けをする日本の慣習が、全ての国で行われているとは限りません。そのような習慣のない国のお方には、むやみに物を贈ると、下心があるとの意味に取られてしまう事もあります。お贈りになる時にきちんと、贈り物の趣旨や日本の風習をお知らせになる事をお奨め致します。贈り物の色や縁起物の慣習も異なることがありますので、気を付けましょう。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)