山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第087回「お辞儀について」

2012.02.17

Q お辞儀の角度について決まりがあると聞いた事があるのですが、本当に決まりがあるのですか?(山口市・Sさん)

 

 
A 小さな決まり事もありますが、基本の考え方について、例を挙げてご紹介致します。

 

Aさんが、大変お世話になっている上司のBさんにレストランで出会いました。その時、Bさんは、Aさんが知らない多くの人とご一緒でした。Aさんは、Bさんに大変お世話になっており、失礼があってはいけないので、深々と最敬礼のお辞儀の角度で挨拶をしました。

 

ここでのAさんの誤りは、Bさんに深々と頭を下げたことです。BさんもAさんに同じだけの角度のお辞儀をなさる事でしょう。Bさんは、他の方々と楽しんでいらっしゃる時間です。Bさんのお気持ちを察し、その空間に割り込むことのない、軽やかなお辞儀がここでは求められております。こちらの都合重視でのご挨拶ではなく、お相手の状況重視の振る舞い方が出来ると、素敵ですね。私もお相手の立場を重視した素敵な振る舞いを心がけたいと思っております。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)