山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第081回「これはセクハラです」

2012.01.06

女性の方から受けます悩み事の相談で特に多いのが、職場での「セクシャルハラスメント(性的いやがらせ、おびやかし)」です。普段の職場で自覚がないまま悪気なくしているセクハラ発言・行為はありませんか?新年会の季節、もう一度見直して下さい。

 

・肩をたたくなどの挨拶。
・残業のお礼に食事に誘う。
・女性の容姿について話題にする(好意のつもりであっても不快に思う人はいます)。
・好みの異性のタイプを聞く(「恋人はいるの?」「なぜ結婚しないの?」「子どもはまだか?」などと聞くのも、不快な思いをさせます)。

 

(宴会の席で)
・無理にお酒をすすめたり、お酌を強要する。
・嫌がっているのに無理やり二次会に誘う。
・取引先との宴席でホステス役を強要する。
・取引先のセクハラ行為を見て見ぬふりをする。

 

また、「女のくせに…」といった言葉も、性別によって相手を侮辱する(ジェンダーハラスメント)ことになります。

 

その他、これ以上のひわいな発言はもってのほかです。言動には十分注意して、新年を皆さんが気持ち良い職場で過ごせるようにしましょう。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)