山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第078回「ティーマナー」

2012.12.09

Q お茶を出す時には、右側から出すべきだと研修で聞いたのですが、必ず右側から出すべきでしょうか? 教えて下さい。(山口市・Fさん)

 
A 大勢での会議の机にお出しする時には、お客様の右側から統一してお出しになると綺麗な所作に見えます。確かに、ビジネスマナーにおいても右側からお出しになるのが妥当です。

 

しかし、応接間が狭く、お客様の右側から出そうとすると、お客様とお客様の間に割り込むような状態になる、もしくは壁の間が狭く不自然な所作になる、などの状況が生じる場合は、ご遠慮致しましょう。

 

また、右側から出すのは、靴で過ごすオフィスのようなイメージの場所と思って下さい。床の間のあるお部屋ではこの限りではありません。応接間の家具の設定によって、どうしても両手で出す事が叶わず、片手で出さなければならない場合は、一言片手である事をお詫び致しましょう。

 

スマートに対応出来るよう、家具の配置を見直してみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)