山口県のフリーペーパー「地域情報新聞 ほっぷ」WEB版

お問い合わせはこちら

第076回「和食のマナー」

2011.11.25

「食べ物を歯で噛み切るのはマナー違反ではない?」

 

そうです。和食のお食事の場合、ナイフを使用せず、お箸のみでお食事をします。お箸ではどうしても食べ物を切る事が出来ない場合は、歯で噛み切って問題はありません。

 

例えば、天ぷらの盛り合わせを思い浮かべて下さい。エビに、さつまいも、どうぞ歯で噛み切って下さい。但し、歯型のついた食べ物をお皿に置いて、次の食材を食べ始めるという事はしないようにしましょう。歯型のついた食材は、一度に食べてしまうのが、和食のマナーの一つです。

 

それでも、歯で噛み切るのはみっともなくて抵抗がある、と思っているお方に気をつけて頂きたい事があります。お箸を、左右の手に一本ずつ持ち、ナイフとフォークのような方法で、食材を切り分ける。そのような事はなさらないようにお気をつけ下さい。お箸のマナーにおいて、して頂きたくないしぐさの一つと言われております。

 

 

河村まどか

ドルチェ・フィニッシングスクール主宰

河村まどか(山口市在住)